BLOG

ブログ

今回は、ナレーション収録のウラ話。

NA

当社では、ナレーションを含む動画を多く制作しています。
ナレーション収録の際は、ナレーターさんが原稿を読み間違えないためにちょっとした工夫をしています。
さて、あなたがナレーターだとして、こんなナレーション原稿を手渡されて上手に喋る自信ありますか?

A4横書き原稿

このような「A4横書き・ベタ打ち」の原稿をスタジオに持っていくと、ナレーターさんは困ってしまいますよね。
一般的な文章作成ソフトでのベタ打ち状態の原稿は非常に読みにくく、NG連発になるでしょう。その結果、1時間で終わるはずのナレーション収録も数時間かかってしまうかもしれません。
もっと言えば、それだけスタジオ使用料もかさんでしまいます。

そこで映像分野では、次のように縦書き原稿を使用することが多いようです。
1枚あたりの文字数が少ないため、1案件につき数枚にわたります。

縦書きNA原稿

ナレーターさんは、原稿の数行先を視線に入れながら喋るそうです。
そのため、ナレーターさんの目線の移動を考え、改行にもこだわります。
上記の見本では「走れメロス」を原文のまま載せていますが、実際には、ナレーターさんが一瞬でも迷う可能性のある単語は、漢字で書くか平仮名にするかにも注意します。

原稿右上に大きくページ番号があるのにも理由があります。
ナレーション収録現場では、原稿をめくる時の音が入らないようにするため、ナレーターさん用の原稿はホッチキスで留めません。そのため、原稿の順番がバラバラになってしまった時、すぐに直せるようにページ番号を大きくしています。
特にニュースなど生放送の現場では、原稿がバラバラになることは致命傷です。

「現場でのドタバタ」を減らすための準備は、撮影前もナレーション収録前も同じ。
Cスクエア横浜は、映像として映らない制作工程でもいろいろな工夫をしながら高品質な動画を制作しています。

動画制作のご相談はこちらからどうぞ!

関連記事一覧